富士山と樹海と西湖に囲まれた民宿
花くるま
花くるまサイト内を検索できます。
  • ハイキングマップ
  • 青木ヶ原樹海
  • 釣り情報
  • 周辺温泉リスト
  • 観光地紹介


  • トップページに戻る
    トップページ > 周辺情報 > 釣り情報

    ブラックバスは、ルアーフィッシングの対象魚として人気が高い魚です。その秘密は、体の大きさと力強さにあります。ルアーフィッシングとは、疑似餌(ルアー)を使って魚との駆け引きを楽しむ、今人気のスポーツフィッシングのことです。西湖では、春先から初秋にかけてがブラックバスのシーズンで、毎年たくさんの釣り人が県内外から西湖に訪れます。ルアーフィッシングは、初心者の方でも十分楽しめるのも魅力です。

    ブラックバスを釣り上げるのに一番大事なことは、ポイントを狙って投げることです。ポイントとは、簡単に言ってしまえばブラックバスが潜んでいそうな場所のこと。具体的には、藻の群生している所や、立ち枯れた樹木の周りなどがそれに当たります。当然、西湖にもいくつかのポイントが存在します。小6からブラックバス釣りに出かけていた僕の経験から、厳選して2つのポイントを紹介いたしましょう。

    まず、西湖南岸の紅葉台キャンプ場前。ここには、岸からだと見えづらいですが、広範囲にわたって藻の群生地が存在すると思われ、シーズンを通してよく釣れるポイントです。藻の群生地には無数の藻えびがいて、それを狙うバスが数多く集まってくるのです。ここに限らず、藻の群生地を見つけたら積極的にキャスティング(ルアーを投げること)を繰り返すとよいでしょう。次は、西湖北岸の溶岩地帯。ここは、昔の富士山の噴火で流れ出した溶岩が固まって今も残っている場所です。水から張り出している部分を見れば明らかですが、溶岩が複雑な凹凸をなしており、バスのかっこうの隠れ場所となっています。根がかり(はりが岩などの引っかかって糸を切るしかなくなること)も多いですが、こういった場所には、特に夏〜残暑の残る秋口まで、中型〜大型のバスが好んで隠れたがるので、中〜上級者のにおすすめです。

    そして、僕の経験上( 根拠はないのですが・・・)、西湖ではワーム(みみずに似せたやわらかいルアー)+シンカー(重り)の組み合わせが最もバスがヒットしやすいように思います。シンカーとワームの位置関係により、様々なしかけが考えられますが、その辺は釣り雑誌などを参考にして色々試してみるのがいいと思います。

    西湖でブラックバスを釣るときに、私がよく使うしかけについて

    僕が西湖でブラックバス釣りをするときよく使うのは、シンカー(重り)とワームの組み合わせです。一口にワームとシンカーと言っても、色々なしかげが考えられますが、今までやってきて一番釣れると思うしかけは、下の図です。

    画像の説明をすると、まず糸の先端にシンカーを結んで、(かなり重いものの方がいいかも。)そこから1〜1.5mくらいの位置に、針をつけて、(または先に針のついた糸)、針にワームをつけるわけです。ポイントは、キャスティングしてからシンカーを湖底に完全にしずませて、それから竿でワームに図のような動きをつけることです。具体的には、竿を軽くしゃくってみたり、小刻みに震わせたり・・・です。暇があったらお風呂で実験してみるとよくわかります(笑。)余談ですが、このしかけは某釣り番組で糸井○里氏も使っていました。

    ただ、西湖のブラックバスは擦れているのか、その絶対数が少ないのか、原因はよくわかりませんがルアーでは釣るのはかなり難しいです。僕の腕では、上のしかけを使い1日粘って、2匹釣るのが精一杯です。つまり、初心者の方にはかなり厳しいかな・・・という感じです。そこで次回は、ルアーでなく本物の餌を使ってブラックバスを釣ることについて書きたいと思います。本物の餌を使えば、ルアーを使うより格段に釣りやすいのは言うまでもないですね。ルアーフィッシングをやっている方からは、「邪道だ!」と怒られそうですが、あくまでルアーフィッシングを本格的にやっていない方を対象に書いておりますので、その辺はどうぞご容赦ください。

    今回は餌を使った簡単なブラックバスの釣り方について
    僕がよく使う餌は、ミミズ、ドジョウ、藻エビ、ハヤ(正式名称不明。西湖でよく見かける、10センチくらいのワカサギに似た魚です。)などです。その中でも手に入りやすいのはやはりミミズ。ミミズはよく肥えた土のなかにいます。うちの民宿には畑がありますので、ちょっと掘ればたくさん見つけられると思います。中には10センチ弱もある大きいのもいますが、西湖のブラックバスは正式名称「ラージマウスバス」と呼ばれるほど口が大きいので、切らずにそのまま使っても大丈夫です。また、釣りやすさからいうと、ハヤ、ドジョウ、藻エビが大変良いです。ただ、ドジョウは売っているところまで買いに行かなければなりませんし、ハヤ、藻エビは、西湖でごく普通に見かけますが、捕まえるのがちょっと大変で、それだけでワンコーナーできてしまうので(笑)、あえてここでは書くことはやめます。(そんな「磯遊び」みたいなのもそのうち書こうと思っています)よって、ここではミミズをつかった釣りに焦点をあてて話を進めます。

    ここで説明するのは、ごく普通の「浮釣り」です。浮釣りは、のんびり糸をたらして待っていればいいし、それでいてヒットしたときのバスとの戦いを気軽に味わえるので、個人的には好きです。しかけも大変単純です。下の絵をご覧ください。


    ポイントは、軽い重りと、普通の浮よりちょっと値段の高い、重い浮きを組み合わせることです。そうすると、遠くまで投げら、投げた後重りの重みで浮きが沈んでしまう・・なんてこともないわけです。投げてしまえば、特に注意すべき点もありません。強いて言えば、浮をよく見ていることと、(急に「ズボ」と沈みますので。そのときはすぐ糸を巻きましょう。)たまに餌を上げてみて、ミミズが動かなくなっていたら新しいものに変えることの2点くらいでしょうか。

    一応、今回が釣りのコーナーの完結編です。これ以上釣りに言及しても、ちょっと一般向けでないかな・・・と思うので、これからはいろんな「遊び」について幅ひろく扱っていこうと思っています。

    POWERED by junji

    ゴールデンウィーク最終日、河口湖で、私兄もブラックバスを釣りました。大きさはなんと15cmぐらい。ちっちゃいです(^_^)。使用したものはワームです。生まれて初めて釣りました(^_^;) 。



    釣り券に関する情報

    西湖:
    ブラックバス釣り券は、西湖周辺の貸しボートを行っているところや釣り宿で販売されています。そこで購入する場合は、600円/1名となります。釣り券を持っていない場合はその場(監視員が巡回しております。)で購入(現場購入)する必要があります。現場購入の場合は、1000円となります。また、女性、中学生は半額となり、小学生以下は無料となります。自動販売機はございません。

    河口湖:
    河口湖も西湖と基本的に同じですが、西湖より高額です。詳細は、河口湖観光協会に問い合わせてください。(2003.06.15更新)

    $desc

    〒401-0333  山梨県南都留郡富士河口湖町西湖西11-3 TEL:0555-82-2201 FAX:0555-82-2170
    このサイトについて